INTERVIEW

一緒に汗を流してくれる仲間を募集です!

  1. HOME
  2. インタビュー
  3. ディン バン ギー

特定技能1号
入社6年

ディン バン ギー

加々美建設との出会い
わたしはベトナムの方で仕事をしていましたが、
日本という国に憧れて4ヶ月間日本語学校に通い知人に加賀美建設を紹介してもらい入社しました。
最初の頃文化の違いや、食べ物の違いに戸惑うことがあり、なかなか慣れることが難しかったことを覚えています。
しかし、同じベトナムからの同僚や、日本人の先輩など優しく接してくれたおかげで楽しく生活することが出来ました。
一人の人間として教えてくれる
仕事に関して、もともと体力には自身があり力仕事は得意な方でしたが、材料の名前など覚えるのに苦労しました。
先輩から厳しく指導されることもありますが、それは外国人だからとか日本人だからなどではなく、
一人の人間として教えてくれていることがわかり、頑張ろうと思いました。
鳶職人は高いところで作業することが多く、危険が伴う仕事になりますが、安全を心がけて仕事をしているところをみて日本の良さを知りました。
頑張った結果
私は今年で勤続6年となりました。
5年を超えると更新は必要ですが、日本に無期限で入れるビザを手に入れることが出来ました。
加々美建設のおかげで日本で働くことが出来て、
ビザも取得でき、大変感謝しています。
もっと頑張れるように日々努力していきます。
社員寮が用意されていること
どうして加々美建設に入社したか理由があります。
社員寮が用意されていることです。
1週間に2回掃除をしてくれている専門の方がいますので、自分たちで掃除をする手間がありません。もちろん自分たちの部屋はします。
今は6人ほどで生活をしていますが、部屋の数がありますので一つの部屋にみんなで生活するということはありません。
食事は基本的に自炊になりますが、みんなでお金を出し合いご飯を食べることもあります。

日本も、仕事も未経験でしたが入社6年目となり、仕事にも慣れ現場を任されることが多くなりました。
私の将来の夢は、日本で学んだことをベトナムに持っていき、
日本語を教えたり、安全にみなさんが作業できるような足場を組んだりする技術と真面目に取り組む姿勢を教えたいと思っています。